Ghost of Tsushima プレイ日記「番外編:内経の呪い」

番外編「内経の呪い」攻略

番外編としまして、「内経の呪い」を書いていこうと思います。

強力な長弓が手に入るクエストです。

 

<本記事にはネタバレが含まれます。ご注意ください。>

本編

仁はふと立ち寄った野営地で「内経の弓の呪い」について耳にしていた。

 

内経の弓といえば、相当な逸品であるはず。

蒙古を討ち滅ぼすのに役立つと考えた仁は、日吉にいるという内経の話を説いている琵琶法師に会いにきた。

 

琵琶法師の伝承によれば ーー

ーー 内経の持つ弓は神の加護を受けた弓であったという。

   そして、昔々その弓をもって、悪しき悪鬼を射抜いた。

   しかし死に際、悪鬼は末期の息を内経に吐きかけたという。

   その息を浴びた内経は、以降も随所で悪鬼の姿を見かける様になる。

   そのたびに悪鬼を射抜く内経だが、射抜かれたのは全てただの人。

   内経は幻覚を見ていたのだ。

   遂に内経は捕らえられ、死刑となるが、当時の帝は哀れに思い、対馬に内経を流したのだ。

   そして幾年後、内経は事切れ、呪われた弓だけが残ったという ーー

ーーーーーーーーーーー

 

対馬に流れ着いた内経は、心を鎮めるため、海辺の青い紫陽花の中を散歩していたらしい。

それを聞いた仁は、日吉の海岸にある青い紫陽花から手がかりを探すことにする。

 

マーカーが示す方向へ行くと、青い紫陽花が見えてくる。

 

点々とある青い紫陽花を辿っていくと洞窟のようなものが見えてきます。

 

地図でいうとこの辺。

 

洞窟の中に入ると、そこは内経の墓だった。

そして、墓を調べると、次なる手がかりと見られる絵が見つかる。

次なる目的地は日吉の小島だ。

 

 

墓を後にし、洞窟から出ると、突如仁の周囲に火矢が射られる。

 

「これ以上呪いの弓を探すな!死ぬことになるぞ。」

天狗の面をした男が警告し、去っていく。

 

弓を探すものを邪魔するものがいるのだろうか。

油断はできないが、引き続き弓を探すことにする仁。

ーーーーーーーーーー

 

 

しばらく海岸沿いを走っていると、また青い紫陽花が見えてくる。

紫陽花を辿っていくと目的の小島が見えてきた。

 

地図いうとこの辺。

小島の中に入ると、またしても日吉の山が描かれた絵が見つかる。

 

絵に描かれた山に弓があるのだろう。

そう確信した仁は島を後にしようとする。

すると ーー

 

「深追いはするな、さもなくば対馬が滅ぶ。」

先ほどの天狗の面をつけた男がまたしても警告してくる。

 

次はないと思えと言い、去っていく男。

果たして何者なのだろうか。

ーーーーーーーーーー

 

 

日吉の山を探し回っていると、またしても青い紫陽花が咲く場所が見つかる。

紫陽花を辿っていくと ーー

 

祠のような場所に弓が祀られているのが見えてくる。

  

地図はこの辺

 

 

遂に内経の長弓を手に入れた仁。

すると弓を手にした途端、仁の意識が途切れる ーー

ーーーーーーーーーー

 

 

 

気がつくと黒い羽の舞う地獄のような世界に仁はいた。

そして、目の前にはあの天狗の面をした男が。

 

 

「その弓を持てば・・最後まで死に取り憑かれることになるぞ。」

 

  

襲いかかってくる天狗。

「呪いが恐ろしくはないのか?」

天狗との鍔ぜり合いとなったときに天狗が尋ねてくる。

 

「蒙古を倒すことが先決。呪いは後で考えよう。」

「なるほどな・・・首を洗って待っておくがいい。」

 

仁は天狗との激しい斬り合いの末、遂に天狗を斬り伏せた。

倒れていく天狗。

 

同時に ーー  仁の意識もかすれていった・・・。

ーーーーーーーーー

 

 

「内経の呪いか・・。」

仁は気がつくと元の場所に戻ってきていた。

内経の弓を手にいれて。

 

終わりに

はい。

ということで、内経の弓ゲットです。

長弓の矢は鎧を着た敵も倒せるらしいです。

特に使っていて呪いの効果があることはないので、ご安心を。

〔たぶんあの天狗が悪鬼で、呪いの正体なんでしょうね。天狗に打ち勝ったから呪いに打ち勝ったということなのでしょう。〕

 

ついでに長弓で使える破裂弾もゲット。

コメント

タイトルとURLをコピーしました